カードローンと闇金の違いは登録許可の表示をチェック

8月 10th, 2014

カードローンは許認可に基づいて営業されており、消費者金融などの貸金業であれば全国に複数箇所の営業店舗を持つ場合は大蔵省に、都道府県内の1ヵ所の営業店舗を持つ場合は都道府県に登録が必要になります。
広告欄に明記することが義務づけられており、ホームページでも下欄に財務局と登録番号、カッコで示された数字が表記されています。
加えて銀行のカードローンは銀行法に基づいているため、銀行コードが明記されています。
この登録番号こそ、カードローンと闇金の違いを見極めるものの一つになります。
闇金は登録の許可を得ないで営業している違法な取引です。
090などのケイタイの電話番号を明記している場合も同じです。
許可を得ている会社であれば、サラ金での審査は固定電話やフリーダイヤルを設置しているので、この点でも見分けることができます。
また、カッコ内の数字は更新回数を示しています。
3年ごとに更新されるため、数字は大きいほど長く営業していることが分かります。
闇金でも登録番号を表示しているケースもありますが、各都道府県の担当窓口や財務局に問い合わせることで違いを把握することができます。

トラブルを避けるためのプロミス

5月 23rd, 2014

お金がらみのトラブルというのは怖いものです。友人や親戚などからお金を借りたばっかりに、返済に関してそうした人たちとトラブルを起こすというようなケースが有ります。そうしたことになると友情も潰れてしまい、親戚関係もめちゃくちゃになってしまうというようなことになってしまいます。
ですから、お金を借りるときには友人などよりもきちんとした消費者金融などから借りるようにすれば安心です。そうした消費者金融の中でもなるべく信用のおけるところから借り入れを行うようにしておきましょう。
例えばプロミスのような、テレビのレディースローンでも頻繁に見るような会社なら安心ができます。プロミスのようなところなら知名度も高いですし、また多くの人が利用をしているということですので、トラブル等に巻き込まれるというような心配はありません。
プロミスをはじめとするような有名で安心できるようなところからお金を借りるというのが一番安心をできるわけです。

夫のいる方がキャッシングを利用する場合

10月 2nd, 2013

夫のいる女性がカードローンを利用する場合は夫も同時に審査されます。
例えば専業主婦の方の場合自分に収入がなくても夫に収入があればカードローンが利用できる場合があるのです。
勿論勝手に借りることはできません。旦那さんの許可は一応必要になります。
しかし何故借りられるのかというと、これは家計を一緒にしているからなのです。
そして自分に収入がある女性の場合でも逆に旦那さんが過去に自己破産をしたとか、延滞をしているとか多重債務をしている場合は自分に安定した収入があったとしてもカードローンが利用できない場合もあります。
また自分と旦那さんとあわせて総量規制を超える程の借り入れになる場合にもキャッシングの申し込みができなかったり限度額が低く設定されてしまうこともあります。
そして逆に自分が多くの限度額でカードローンを利用していた場合には旦那さんも同じような多くの限度額で借りられなくなることもあります。
いい意味でも悪い意味でも配偶者の存在は審査に影響するのです。

主婦キャッシングの特徴について

8月 30th, 2013

クレジットカードの会社というイメージは持っていると思いますが、クレジットカードにもキャッシング枠があり、現金の借り入れをする事が出来るのです。
もちろん消費者金融や主婦系キャッシングと同じように、審査があります。
審査の厳しさを比較すると、銀行系よりは若干甘く、消費者金融よりは厳しいというちょうど中間になります。
消費者金融のように総量規制の対象にはなっていないので、年収の3分の1までの借り入れという規制はありません。
全体的に限度額も高めに設定されている会社が多いので、個人が小額の借り入れをするというよりは、ある程度まとまった金額を必要とする場合に利用する事になるでしょう。消費者金融でキャッシングをする時の知識とは?http://cash10001.com/entry3.html
知名度は高い会社が多いので、借り入れする際には安心して申し込みが出来ます。
金利も若干低めに設定されていますから、返済においても消費者金融よりは楽だと思います。
是非、主婦キャッシングを申し込む際の参考にして頂きたいと思います。

今だからしてみたいのです

7月 15th, 2013

昔、起業したい人に大きな会社の社長などが、この人になら
お金を出す、という番組があって、私は、今なら、こう言うのがあれば、
私もやって見たいと思うことがあります。
周囲から、今だからっていうことはあるからね、または、今しかないという
ときもあるしね、と言われます。
なにせ、小さな人間ですからね。一人の。一人は何かやって見ようとする時、
良い面も悪い面もあります。良い面は周囲がどうであれ、全て自己責任、
これを覚悟で、荒波に乗り出す、乗り出せる利点、そして失敗すると、
誰も助けてはくれないリスク。
大勢でやろうと言う時、その大勢の中で、自分の考えを出せる、活かせる、
採用される、このような場合は援護があり、これほど頑張れるものは無いのですが、
そんなに簡単に意見が通るとも思えません。また、色々なノルマもあるでしょう。
では、そんな世間様の冷たい視線の中で、どのような形が一番いいか考えると、
やっぱり、協力者は必要であるという結論に至ったのです。
一人、というのは、勝手にやっていてね、さほど大きなこともできないし、
敵にもならないし、いなくなっても何も起きない、ぐらいにしか扱われません。
実体験です。しかし、実際は、小さな者が考えた物はどこかが使っていたりします。

  • About

    This is an area on your website where you can add text. This will serve as an informative location on your website, where you can talk about your site.

  • Blogroll
  • Admin